メニュー

Credo 守るべき理念〈大切にする信条〉
時代に風化されない、
いつどこから見ていても飽きない
『端正で正当な建築』
一つの建物を設計する際に、その土地の空間軸と時間軸の調和を考えることは重要です。
ある程度の規模を持つ建築の周辺へのインパクトは景観に一つしても大きく、いかに馴染むか、逆に周りが将来あわせてくれるような雰囲気を持たせるにはどのようにしたらいいのか模索しながら一つ一つの建物と向き合っています。
スペシャリストが圧倒的に多い業界の中でゼネラリストを志向し「地域の町医者」といった地元密着型の路線は決して崩さない渡辺設計。
私達にしか出来ない方法で業界に小さい変革を起こしていきます。
私たちの5つのこだわり
建物への限りない愛情
“既製の概念を越えた
サプライズのステージを提供できるか”
大切にしているのはアイデンティティとカスタマーズオリエンティッドの精神。
時代に風化されない端正さ・正当さをもって機能と美しさの両立を図ります。
設計とは究極のサービス業です。私たちにしか出来ない柔軟性をもったサービスで、
数々のストーリーに触れていただければ幸いです。

実績紹介

各種事業施設に合わせた設計を行っています。
もっと見る

プロジェクト紹介

コンペティションで選定されたプロジェクトの一部をご紹介。
story-01
サンテラス三河安城ビル
  • ステイタスを持つランドマークとしての役割

    スカイラインが構成されるシルエットなど与条件としての課題

    【建物単体ではなくてまちなみの景観を考える、ということ】


    建物には各々テイストがある中でフラットでシンプルな表情を見せるものがあれば、スカルプチュアとも言える彫刻的な表情を見せる場合もある。

    地元を代表する名士である今回のクライアント様はかつて織物業を営まれ、その役割を終えようとする時にその経営資源とも呼ぶべき資産を元に今ではディベロッパーとして戦略的に展開されていました。
    西三河の玄関口とも呼ぶべき三河安城新幹線駅の至近距離にも既に駐車場ビルからホテル棟を複数、他にもオフィス棟を計画的に進め、最後のピースとなる残余地に満を持して大型ビルを今回計画することを決断された次第です。


    元より、総合的な「街づくり」と言うものを視野に入れ中長期ビジョンで構想を練っておられた施主様としてはどうしても建物群としてのまとまりを大切にされていました。
    この街区に20年前に建設された他社設計の手に依るオフィス棟は当時で言えばとても他を寄せ付けない様な威容を誇り、ランドマークたりうる存在感を輝かしく放って居たということになります。

  • コンセプトとしての「テラス」

    クライアントの想いを反映させること

    【これまでの歴史を積み重ねた上で新たなメッセージを発信すると言うこと】


    設計事務所は確固たるカラーを持っていて施主がそれを好んで採用する場合と、逆に施主様の希望にそのテイストを合わせて行くプロセスを取る場合がある。

    それは建物のスカイラインを揃えたり、プロポーションのバランスを取ったりと試行錯誤の中でのボリューム検討を積み重ねましたが根幹となるビルのコンセプトと言うものも並行して考慮することとなった訳です。


    ビルのファサードと呼ばれるものにはそれぞれの個性があることは当然でありながら、それを集合体としてひとつのまとまりを感じさせるもの、と言う命題は決して簡単なものではありません。
    まして、当該敷地を取り囲む建物に対しての調和を考えればなおさらのこととなります。
    そうした中で、関係者を囲んでのディスカッションを通してひとつのキーワード、それは施主様の社名を構成する「織物」と言うフレーズが自然に浮かんで来たのです。


    縦のラインと横のラインを織り成しながら、と言うか丁寧に編み込むようなプロセスを経て外観を構成してみましょう、と言うことになってからは俄然コンセプトの核(コア)がはっきりした感がありました。

  • 多くのパートナーとの連携

    西三河初の一団地認定総合設計制度

    【求められるマネージメント及びプロデュース能力】


    設計事務所は基本的にごく少人数で強い個性を持って進めている方が多い集団であり、弊社的には様々な案件でその特性に合ったパートナーとフォーメーションを組むのが特徴的と言えます。

    作業を進めて行く中で様々なハードルが生じる訳ですが、今回当該街区においける集大成の様なモノにしたいという施主様の強い気持ちのひとつとして、他の建物で使い切れなかった容積率などを利用出来る方策を考えて欲しいとの依頼がありました。
    これは簡単に言えば大きなまとまった土地における建物群を一体として設計する総合設計制度のひとつに「一団地認定」と言う手法が存在することは知りながらも行政側の担当者もこの地区では例を見ない投げ掛けに戸惑うばかり。


    しかし決まったタイトな工程の中で、NGとなるかどうかの瀬戸際を走りながら結果として何とか可能性の扉が開かれた時の達成感と言ったら筆舌にしがたいものがありました。
    その他にも、ある程度のボリュームになると法制限が段階的に厳しくなる中で様々な手段を用いて最終的な形態に持ち込めたのも私共の執念と言うよりは、その先を照らして下さる施主様に導かれたところが大きかったのでしょう、、、。
    と今ではそう振り返ることが出来ます。

  • 我々にしか出来ないもの

    費用対効果フィージビリティスタディ

    【時代を超えて大切にされるものへの果てしなき挑戦】


    使命は運命となりやがては天命となる。合うべき人に出会えることを〈しあわせ〉と呼びます、と言う歌詞がありました。
    自分たちが関われる中で常に新たなフロンティアを目指して頑張って行きたいと思っています。

    実質的な作業を受けてくれたパートナーもそう、意匠から構造なり設備に関しても数多くの関係者が今回の案件に関わって下さいました。
    施工チームに関しては施主様の強い意向を受けて、これまで関係を築いて来られた建設会社がスタート時点より参画しています。
    これは建設費高騰が叫ばれる昨今ではひとつの有力な手段であり、信頼関係が深い間柄であれば入札というプロセスを経るよりもずっとゼネコンの本質的なポテンシャルを引き出せる場合が多い様に感じます。
    そうこうしたオーケストラの様な編成団を動かすには強い熱意が必要であり、施主様のリーダシップも当然のように必要不可欠となってまいります。


    建物の着工を控えて胸に去来するものは、織り込んで編み込んだものは単なる建物の外観のみを指すものでなく、クランアントの考えを何とか形にしようとする多くの携わる人間の「想い」であったと気付かされたのでした。


story-02
三河安城町コミュニティセンター/三河安城本町コミュニティセンター
  • 熾烈なコンペティションへの誘い

    元より区画整理地内には市役所の補助金を利用して公民館(コミュニティセンター)を建設する仕組みが存在しますが、ここ地元安城市でも20年来都市化の波が押し寄せ様々に街が変わりつつあります。


    そこでの印象的なプロジェクトとして三河安城町及び三河安城本町のケースをひもときます。
    ここ三河安城と言う地区は新幹線の駅が平成4年に新設されるのに併せて、従来の田園地帯が急速に宅地化されて行ったと言う経緯を持っています。


    そこで設計者のコンペ、これはすべからず補助金事業ですから特命と言う選択は無く、最近の流行りと言えばそうなのですが設計者の選定を幾つかの事務所に提示させて地元の町内会の中で投票制で選ぶと言う手段を取ります。

  • その土地の記憶と街並みとの整合性

    建物と言うものは場所を変えて同じ様なものが成立しそうですが、多くの人に受け入れられるべき公民館の様な公益性のある用途は何よりも納得させられる何か、そう「サムシングエルス」が必要となります。


    今回のプロジェクトにおいては三河安城本町と三河安城町と言う隣り合わせた二つの町による合同コンペでしたが、建設される場所がかたや珍しい駅至近の都会的な立地である事に比して、もう一つは隣にまだ広大に拡がるのどかな田園地帯の雰囲気を残している立地でした。

    設計事務所と言う組織はそもそもそれぞれが得意とするテイストがあり、それを売りにする為になかなか色々なバリエーションを提示する事は難儀な事と言えますが、弊社の場合は特性を活かし個性を考えた上でスタッフをキャスティングして、大きな方向性だけ間違わない様に協議して進めるので意外や多彩な案が出て来たりするところは誇れる部分ではないかと自負しています。

  • 「コストマネージメント」を訴求

    幾ら見栄えが良くとも限られた予算の中に納められるか?それが最近は何をおいても求められる様に感じます。

    幸いにして事務所代表である自分がゼネコン勤務であったことも幸いしその知見を活かし予算をいかにまとめ切るか?と言うことに心を砕く事は何よりも大切な事と任じています。


    建物に託された思いは、デザインのみで無く、時には頑丈であって欲しい、メンテナンスにお金がかからない様にして欲しい、後で増築なり手を加え易くしておいて欲しいなど、様々なコストに絡む要請が上がって来ます。


    それをプライオリティ(優先順位)を間違えない様にしながら、予算立てしているファイナンスコントロールは建設会社と肩を並べて本来設計事務所がイニシアティブを取るべき大切な課題ではないでしょうか。


    それはもちろん、設計監理費用と呼ばれるものについても同様で、求められる業務メニューの内容と程度によって大きく異なって当然でありそれを分かりやすく提示することも義務ではないか?と最近感じる所であり、コンぺでは間違いなくそこをしっかりと丁寧に伝える努力をしてまいります。

  • コンペにおける戦いから得たもの

    結果、このコンペは運良く採択され随分と多くの方々との協議を経て、時間を掛けながらもほぼコンペの原案を残しながらにして無事竣工の運びとなりました。


    この業務の醍醐味は多くの方々の意見集約を行い、マネージしながら皆が納得する様なプロセスを経て、つまりビジュアルな資料などを都度用意するなど丁寧な合意形成を行う事です。


    今では老若男女多くの方々の拠り所となるこう言った施設は地域のお役に立てると言う事でとてもやり甲斐に満ちた案件と言えそうであり、いつの間にか振り返ると市内でも10箇所程度のコミュニティ案件で弊社が7件程度受託し、地元の設計士さんに依頼したケースを除けばほぼ手掛けさせて頂いた事となります。


    コンペと言うもので磨かれ、何をクライアントが望んでいるのか?と言うことに耳を傾け、神経を研ぎ澄ます事でどんな案件よりもスタッフを強くモティベートし弊社の貴重な体験になっている様な気がしています。

お気軽にご依頼・ご相談ください。
ページトップへ